Browse By

医療用かつらと一般的なかつらの違い

一般的なかつらは、価格帯にもよりますがおしゃれやスタイル重視でほとんどは、人工あり機械で植えてあることが多いです。大量生産するのでその分安く購入できるのですが、ネットの部分は目が粗いものが多く場合によっては頭皮に刺激を受けることがあります。髪自体も艶がありすぎて、かえって不自然な感じにも見えます。一方で医療用かつらは、本来の目的が病気やケガによりかつらが必要な方に作られたものなので、ネットが柔らかくて通気性がいいのが特徴です。髪自体も、一本一本が手植えで作られているので自然な髪質になっています。分け目に関しても、肌色の人口頭皮がついているので上から見られても大丈夫な構造になっています。そのため一般用のかつらに比べると高く、メーカにもよりますが3万円から40万円程はします。事前に試着などをしてから購入することがおすすめです。

医療用かつらのメリット

医療用のかつらにはメリットがたくさんありますが、一番は頭皮への刺激が少ないことです。抗がん剤などの副作用により、すべての毛が抜け落ちてしまった場合には、頭皮が非常に敏感な状態になるので頭皮への負担が少ない医療用かつらは最適といえます。また、病気の治療に専念できるように、装着の際の違和感をなくすため軽くてフィットしやすいものが多いのも特徴です。かつらによくある、頭の締め付け感やずれやすさ、重みを極力減らすような構造がされています。医療用かつらは様々なメーカが取り扱っていて価格帯も数万円から数十万円までの選択肢があります。しかし、最近では、高品質なかつらを必要な期間だけレンタルすることもできます。一日当たりのコストも数百円と安く不要になったら解約できるシステムなため、抗がん剤などの治療により一時的に脱毛状態になる方にはお勧めです。

医療用かつらはたくさんの人を元気にするかつら

今はがんという病気が全然珍しくなくなりました。タレントががんであることを告白したりするのもよくありますし、ある程度生きていると、自分の周囲にもがんで闘病している人は出てくるでしょう。あるいは自分が今、闘病しているという場合もあるでしょう。それで、抗がん剤で髪が抜けることが多いということも多くの人がご存知でしょう。しかし、今はとてもよい医療用かつらが開発されています。実際に付けているのを見て、かつらをつけているとは全くわからない物も多いです。そして、料金的にも、そんなに負担にならない医療用かつらが増えてきました。ですから、もしも、がんを患ってしまい、抗がん剤治療を受けることになっても、治療前に自分にぴったりのかつらを用意しておけば、いざという時にも慌てません。がんになって髪が抜けても、普通に生活ができるのれあれば、普通にしたほうがよいでしょう。医療用かつらはたくさんの人を元気にする素晴らしいかつらです。