ビジネスローンは短期で返せるように計画を立てる

カテゴリ

注目記事

銀行に行かなくても融資が受けられる

ビジネスローンのメリットは短期間審査にあり! 銀行から融資を受けることは、金利面のメリットはあるものの、審…

more

個人事業主はローンを組むときに使い道をきっちり計画

事業融資の方法の銀行融資とビジネスローンの違い 事業融資をする時に銀行に依頼するのが主流になっていましたが…

more

ビジネスローンは短期で返せるように計画を立てる

ビジネスローンでの資金繰り!見えないようで見えることも! 消費者がキャッシングを利用する場合、銀行や貸金業…

more

カレンダー

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ビジネスローンでの資金繰り!見えないようで見えることも!

消費者がキャッシングを利用する場合、銀行や貸金業者では個人情報保護が優先されるため、周囲にバレるリスクは低くなっています。同様にビジネスローンでも契約情報のほごがあるため、直接的に情報が漏れる心配は低くなっています。
ですが、借り入れが見えないようで見えることもあります。それは、決算書類すなわち損益計算書や貸借対照表からビジネスローンの利用が把握される可能性です。ビジネスローンでの借り入れは、管理会計上では負債になります。負債自体が問題ではなく、借り入れした事業資金を資本として計上するかどうかです。例えば、仕入や諸払いにビジネスローンを直接的に利用すると、負債があり、資本が増えないということになります。結果、資金繰りが悪いと判断することも出来てしまいます。また、毎月発生する支払利息も銀行からの事業融資に比べ高く、累積される金額も高くなってしまいます。
そのため、ビジネスローンでの事業資金調達は会計上に仕分を適切に行う必要があること、そして借り入れ期間は長期化させないことが重要です。もし、銀行から事業融資を希望する場合は、ビジネスローンの利用は最小限かつ必要時に留めることがおすすめになります。テクニックとしては、支払利息を最小限に留めるため、追加返済により実質年利を下げることがポイントになります。

事業融資を受けるなら業種で得意な貸金業者を!

事業融資を受ける方法として、銀行からの融資だけでなく、貸金業者という選択肢があります。貸金業者では、法人や個人事業主向けのビジネスローンを扱い、日本国内には多数の会社があります。ですが、全ての貸金業者が様々な業種の事業融資を得意とする訳ではなく、会社毎に得意不得意があります。そのため、希望の融資額が得られないことや適用金利が高くなり、支払う利息の負担が大きくなることもあります。
そこで重要なのが、安易に身近な貸金業者のビジネスローンを利用しないことです。現在では、インターネット上で事業資金の調達方法について総合的に纏めたサイトがあります。中には、提携する会社が1000社以上というものもあり、自社の業種にあった事業融資が得られる貸金業者の紹介を受けるもともできます。
自社の業種が不得意、もしくは実績がないということで審査が通過できず、信用情報に申し込み情報が残ってしまい、他社の融資審査に影響を与えてしまう可能性もあります。そして、どの貸金業者が自社に最適なビジネスローンを扱っているか調べることが難しいため、先ずは総合サイトで情報を収集するのがおすすめです。ビジネスローンの場合、借入金額が高額になるため、得意な貸金業者で金利1%が下がる場合、無駄な利息がカットでき、経費抑制にも効果が生じます。

Copyright(C)2017 事業融資を受けるさいに有益な知識をご紹介 All Rights Reserved.