銀行に行かなくても融資が受けられる

カテゴリ

注目記事

個人事業主はローンを組むときに使い道をきっちり計画

事業融資の方法の銀行融資とビジネスローンの違い 事業融資をする時に銀行に依頼するのが主流になっていましたが…

more

ビジネスローンは短期で返せるように計画を立てる

ビジネスローンでの資金繰り!見えないようで見えることも! 消費者がキャッシングを利用する場合、銀行や貸金業…

more

融資の審査をするまえに自社の事業内容を確認

ビジネスローンは起業年数が浅いベンチャーもOK! 銀行から融資を受ける場合、起業年数がある程度あることが重…

more

カレンダー

2018年4月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ビジネスローンのメリットは短期間審査にあり!

銀行から融資を受けることは、金利面のメリットはあるものの、審査には1~3ヶ月ほど掛かるため、必要な資金がスピーディに受けられないという問題があります。そのため、本当に必要な運転資金が得られず、黒字倒産というリスクにも繋がります。もし、売掛金があればファクタリングという選択肢があるものの、少額の取引がメインの会社にとっては必要な資金が得られないケースもあります。
ですが、ビジネスローンであれば、個人向けのキャッシングサービス並みの審査および融資スピードで現金を調達することも可能です。審査から融資実行まで、最短で1日や2日という貸金業者もあるため、直ぐに事業融資が必要な個人事業主に大きなメリットがあります。また、銀行からの事業融資と異なり、経営者が直接銀行に足を運ぶ必要もありません。申し込みもインターネットから手軽に行え、必要な書類もメールで提出することも可能です。
この場合、経営者が会社を離れることもなく、取引先と直接交渉の場に出る社長が不在になり、商談に困るという心配も無くなっています。特に個人事業主にかつ社員数の少ない会社にとっては、ビジネスローンは審査時間が短いだけでなく、審査結果を待つ間の時間も無駄にならないのがメリットです。

ビジネスローン?自営業者向けローンでの注意点!

事業資金を得る方法として、ビジネスローンという選択肢があります。しかし、ビジネスローンに似ているものとして、自営業業者向けローンといった似たローン商品も存在します。
どちらもすなわち事業融資に対応しているものの、似ているようで根本が異なります。そして、申し込み条件にも大きな違いがあります。例えば、ビジネスローンは法人、個人事業主の双方に対応し、事業融資が受けられます。一方、自営業者向けローンは、法人が利用出来ないといった制限があり、事業資金だけでなく、生計費にも利用出来るという特徴があります。自営業者向けローンは、消費者向けローンで制限される事業資金への利用が出来ないことが緩和されたサービスと言えるものの、審査では自営業者自身の信用状況に応じて融資がされることになります。
一方、法人対応のビジネスローンはあくまで会社の信用状況に応じて融資が受けられるため、会社と経営者を分離することができます。選択次第では、私人としての生活に支障も生じるため、貸金業者を検討する際はどちらに該当するものなのかしっかりと確認することが重要です。特に自身の信用状況に影響が出るものは、自動車ローンや住宅ローンの審査にも影響を与えてしまいます。

Copyright(C)2017 事業融資を受けるさいに有益な知識をご紹介 All Rights Reserved.