個人事業主はローンを組むときに使い道をきっちり計画

カテゴリ

注目記事

銀行に行かなくても融資が受けられる

ビジネスローンのメリットは短期間審査にあり! 銀行から融資を受けることは、金利面のメリットはあるものの、審…

more

個人事業主はローンを組むときに使い道をきっちり計画

事業融資の方法の銀行融資とビジネスローンの違い 事業融資をする時に銀行に依頼するのが主流になっていましたが…

more

ビジネスローンは短期で返せるように計画を立てる

ビジネスローンでの資金繰り!見えないようで見えることも! 消費者がキャッシングを利用する場合、銀行や貸金業…

more

カレンダー

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

事業融資の方法の銀行融資とビジネスローンの違い

事業融資をする時に銀行に依頼するのが主流になっていましたが、最近ではビジネスローンを利用する企業が増えてきています。それで実際に事業融資をしてもらう必要が出てきた時に、銀行かビジネスローンのどちらにするか迷ってしまう事もよくあります。そこで銀行融資とビジネスローンの違いを確認していきましょう。
【ビジネスローンの方が融資スピードが優れている】
銀行融資を受ける時は審査が厳しいので融資可能になるまで3週間以上かかってしまう事が多いです。それで不都合になってしまう企業も少なくありません。しかしビジネスローンは銀行に比べて柔軟な審査をしてくれるので最短即日融資を受ける事も可能です。融資スピードはビジネスローンの方が優れているので早く資金調達したい企業はビジネスローンを利用する事が多いです。
【ビジネスローンは使用用途が自由】
銀行融資を受ける時は契約によって使用用途が限定されてしまいます。しかしビジネスローンは事業融資が目的であれば使用用途が自由です。それで調達した資金を幅広く使用していく事が出来るのでビジネスローンを利用した方がメリットに感じる企業も多いです。銀行融資とビジネスローンはこのような違いがあるので基礎知識としてしっかり覚えてくといいでしょう。

ビジネスローンは気軽に事業融資を受けられるのがメリット

ビジネスローンとは消費者金融や銀行が、個人事業主向けに事業のためのお金を貸してくれる事業融資のサービスです。消費者金融の通常のキャッシングは資金の使い道は自由ですが、事業用資金には使えないこともあります。ビジネスローンを利用すれば事業資金にもプライベートにも両方使えることが多いので、個人事業主ならば契約しておけば備えとなりますので安心です。
特に銀行カードローンは事業性資金としての利用を禁止していることが多いため、個人事業主は使い道をしっかりと意識して利用する必要があります。事業融資を行うサービスは銀行の法人向け融資もありますが、こちらは審査が厳しく提出書類も多いため、業績があまりよくなかったり事業を起ち上げたばかりの状態では融資してもらえないということも多いです。そんなときでもビジネスローンならば担保も保証人も不要で審査してくれますので、気軽に資金調達ができます。
ビジネスローンの金利は年18.0%程度で通常の個人向けキャッシングと同じぐらいになっていることが多いため、低金利だたくさん借りたいときにはあまり向いていませんが、少額を素早く借りたいときには便利です。気軽に事業融資を利用したいならビジネスローンを検討しましょう。

Copyright(C)2017 事業融資を受けるさいに有益な知識をご紹介 All Rights Reserved.