マンション管理は誰がするのか

マンション管理だけではない入居者目線のサービス

選定しておきたいマンション管理会社

すべてを委託することができる会社

マンション管理をある会社に一任するのなら、住生活に関するあらゆるサービスを構想している、そうした方針を掲げる会社がおすすめです。というのは、保有するだけの不動産ではなく、生活する人がいるためで、その入居者の視点にまずは立たなければ、空室問題まで抱えてしまい兼ねません。会社の選定では、ビルや賃貸、公共施設など、不動産管理全般に携わっていることは強みでしょうし、大規模修繕の設計からコンサルタント、住生活関連サービスなど総合サービスを謳う会社を比較・検討しましょう。業界に先駆けて24時間常駐のライフサービス付きマンション管理からスタートした会社では、満足度の高いサービスを追求したことで、管理ニーズに応えることができている評価がついています。マンション管理のプロは、快適性能に着目し、的確なアドバイスや質の高いサービスを提供しているようです。役割も大きいため、知識やスキル向上、感性を常日頃磨かなければならないはずです。特に集団住宅であるマンション、この建物で起こる様々な問題にはどのような対応が図られるのでしょうか。評価される会社では、フロント担当が中心となり、独自のノウハウと、社内外の専門家と連携した組織的な対応が図られているようです。

大規模修繕工事の元請をしないことで、管理会社としての公正性を保つこともできるといいます。そのためには、建物診断・修繕設計を経て、施工会社選定のサポートを行うことに努めて欲しいものです。統一仕様に基づいて、複数の施工会社から相見積を取ることも一法で、組合にしてみれば、最適かつリーズナブルな大規模修繕工事を任せることができるのではないでしょうか。一級建築士のみならず、修繕コンサルタント、専門の有資格者がこれまでに培ったノウハウとスキルを駆使してくれるのであれば、快適性能としても強みになります。建物も劣化するため、定期的に診断することが必要不可欠、しかし、維持保全を実施するにも修繕費用の目安を立てたり、計画の立案も重要となるため、こうした内容までも任せられる会社を選びましょう。現状回復工事と一口にいっても、外壁補修から屋上防水、給水管や排水管更正までありますし、資産価値向上のための工事ならば、オートロック化や高速インターネット導入、耐震工事などまであり、計画作成してもらうのが手軽な方法です。

見極めるには魅力的なサービスから

管理サービスの1つには、居住する方のための見守り・声かけサービスがあります。また、困りごとは1人1人で異なります。今や懸念されている防災についても、部屋を安全な場所にするための家具の転倒防止用品や万が一に備えた備蓄品などまで扱うなど、様々なシチュエーションを想定してサービスを提案してくれます。今や数多くの管理会社があるため、提供されるサービスで選定することが利に適っているのではないでしょうか。例えば、組合単位で加入する会員制専有部駆け付けサービスを打ち出す、そうした会社の存在も話題を集めています。トイレが詰まったり、鍵を無くして家に入れないなど、急な住まいトラブルもあるはずです。24時間・365日、専門スタッフが無償で駆け付け対応するサービスならば、快適性能で空室問題も生じにくくなるのではないでしょうか。住居者目線、オーナー目線を意識してくれる、こうしたサービスを提供する会社選びが大事ではないでしょうか。

人気記事ランキング