マンション管理の方法について

マンション管理を委託するオーナーが多い理由を説明

マンション管理以外のサービスも行う管理会社を選ぼう

手数料がかかっても委託するオーナー多し

節税対策や生命保険代わり、副収入として、マンション経営を考えている人もいるでしょう。マンション管理の方法は、オーナーが自分でする自主管理と、委託会社にお願いする管理委託の2種類があります。外部に委託すれば、当然手数料が発生するため、家賃が丸々入ってこなくなります。しかし、多くのオーナーが外部への委託を選択しているのには理由があり、それは一つだけではありません。

24時間365日対応するのは容易ではない

オーナーがマンション管理をする場合は、365日、24時間体制で入居者のクレームに対応するつもりで臨まなくてはいけません。トラブルが起きる可能性はほんのわずかであるものの、いつ何時起こるかもしれない事態に対処するのが大変なので、管理委託を選ぶオーナーは多いです。特に副業でマンション経営をしている人は、本業をこなしながらマンションの業務も行うのは大変なことです。清掃やメンテナンスが行き届かなくて入居者が出て行くリスクがはらんでいることも、念頭に置く必要があるでしょう。

幅広い業務を代行してくれる会社が安心

マンション管理を外部に委託すれば、このようなリスクは避けられます。業務の一切を任せることができ、契約締結や更新、入退去時の立会いなどもしてもらえます。さらに、入居者募集も自分でかける必要がありません。適切な方法を選んで募集をかけてくれるため、空室のリスクを最小限にできます。それから、家賃の督促もしてもらえるので安心です。消費者保護が手厚い日本では、入居者が何ヶ月も家賃を滞納したとしても、無理やり追い出すことはできません。どうしても支払ってもらえなければ訴訟を起こすしかなく、手間とお金、さらには時間を犠牲にしなければいけなくなります。しかし、管理委託しておけばオーナーがする必要がなく、リスクを回避できます。それに加えて、家賃保証を用意している会社を選んでおくとより安心です。入居者が家賃を支払わなくても立て替えてくれるため、収入が途絶える心配はありません。また、マンション経営では建物の老朽化も無視できない問題です。老朽化すればそれだけ資産価値が下がり、空室率が上がる可能性があります。適切な時期にリフォームを行っていくことが大切ですが、自分で業者を探すのが大変だという場合は、始めから清掃や設備メンテナンスだけでなくリフォームまで手がけている会社を選ぶといいでしょう。後々のトラブルに備えて、幅広く業務を代行してくれる会社を選ぶオーナーが増加傾向にあるため、多くの会社がサービスの拡充を図っています。

人気記事ランキング